サイコム デトネーター 

サイコム

高性能なBTOパソコンお手頃な価格で!

要望に応じてフルカスタマイズ対応!

サイコムBTOパソコンショップの【@Sycom(サイコム)

>>BTOパソコンのサイコム


BTOショップのサイコムは日本のプロゲーミングチームであるデトネーターとスポンサー契約を結んでいます。

 

そしてデトネーターモデルのパソコンも色々と売り出すようになりました。

 

今回はそんな製品群をスペックからみてきましょう。

 

おすすめの構成も提示していきます。

 

デトネーターとのコラボPCのお薦めは?

 

正にハイスペックなタイプ

 

いくつかデトネーター監修のゲーミングPCを取り扱っていますが、中でもハイスペックなのが「G-MASTER SPEAR Z370AS-DTN」です。

 

 

デフォルトのスペックは以下の通りになります。

 

・CPU:Core i7-8700K
・マザー:Z370-F GAMING
・メモリ:DDR4-2666 4GBx2
・SSD:WD Black 500GB
・グラボ:GTX1070Ti 8GB
・OS:Windows10 home(64bit)

 

DDR4と最新CPU対応マザーに500GBのSSD、そしてグラボは1070Tiといたれりつくせりな構成です。

 

価格は253,660円と最早パソコン2台分といえるぐらいのものになっています。

 

より快適なものを目指すならメモリを16GBか32GBにしてグラボもRTX2080にしたいところですがそうなると30万円を超えるでしょう。

 

サイコム

 

ここから無難な構成を目指すなら以下のようになります。

 

・CPU:Core i5-8600K
・マザー:Z370-F GAMING
・メモリ:DDR4-2666 4GBx2
・SSD:Crucial CT250MX500SSD1(256GB)
・増設HDD:TOSHIBA DT01ACA050(500GB HDD)
・グラボ:GTX1050Ti 4GB
・OS:Windows10 home(64bit)

 

これでも177,460円とお高めですが大抵のゲームは遊べるはずです。

 

もしゲームを遊ぶスペックが足りなければグラボをハイエンドなものに換装すればまず大丈夫でしょう。

 

ですがこれを購入するなら下位モデルをおすすめします。

 

下位モデルは検討の価値あり

 

サイコム下位モデルの「G-MASTER SPEAR B360AS-MINI-DTN」は手ごろな値段で購入できるモデルです。

 

 

・CPU:Core i5-8400
・マザー:B360M-A
・メモリ:DDR4-2666 4GBx2
・SSD:Crucial CT250MX500SSD1(256GB)
・グラボ:GTX1060 6GB
・OS:Windows10 home(64bit)

 

サイコム
デフォルトで150,620円とありますが、グラボを1050Tiにしてやれば19,050円の節約になります。

 

またデフォルトのSSD250GBはいくらなんでも少なすぎるのでHDDを増設しましょう。

 

・増設HDD:TOSHIBA DT01ACA050(500GB HDD)
・グラボ:GTX1050Ti 6GB

 

すると合計は140,550円と手の届く価格となりました。

 

先ほど挙げたおすすめのスペックとほとんどかわらないのにも関わらず3万円ほど安いのでおすすめです。

 

削る部分を考えよう

 

人によって予算は有限なのでどこを妥協できるか考えながら構成を考えていきましょう。

 

今回挙げた妥当な構成が参考になれば幸いです。

 

>>予算の範囲でいろいろ構成できる!BTOパソコンのサイコム